<< 犬島の時間はこんな時間だった | main | 顔の見える家具や道具や飾り物 >>
2010.08.08 Sunday

キラキラ、ドンドン夏の思い出

8月7日、朝からばたばたと忙しなく動いていたせいか、電車の中では居眠り状態。まぶたを開けては閉じての繰り返し。そんな格闘の末、ようやく京都から自宅にほど近い京阪電車中之島駅で下車。そして地下から地上へと。突然、ゴロゴロー、ゴロゴロー、ドンドン、バンバン、ゴロゴロー。ん、なに?カミナリ?いや、すこし様子が違う。
「あっ、そうだ、今日は淀川の花火大会だ!」眠気も吹っ飛び自転車飛ばす、音と光と人のあつまる方向目指して。ビルとビルの合間から赤や黄や青やらのキラキラが散らばり消える。ついにビューポイント発見。この時点で終了まであと10分。間に合った、でも欲を言えばビールがあればな、と。
ドーン、ドーン。凄まじい迫力が、次から次へと身体全体に覆いかぶさる。そこに夜空を彩るはかない花の咲き乱れる姿。そりゃ、人のこころを虜にするか。

おばちゃんの住んでいた部屋のベランダから遠く見える小さな花火も綺麗だった。毎年楽しみにしてたっけな。花火見て思い出すんだね、その頃のこともおばちゃんのことも。

帰り道、人ごみの中でつかみ合ってもめている人たちのグループを見かけた。かなりの打上げっぷりだった。こちらの感傷的な気分と楽しみの余韻はあっさりと空に消えてしまった。2つ目の残念。

  
コメント
昨日は(笑)お誕生日おめでとうございました。チビ(片方はもうチビとは言えないけれど)どもも、おめでとう!とのことです。
おばちゃんのベランダのことはかざさんもよく言うなあ。あとEVの上の屋上とかね。
心底花火を楽しめるように、やんなきゃなあ。
  • あつひと
  • 2010.08.09 Monday 10:00
どうもありがとうございます。さて、チビどもは数十年後、打上げ花火を見て何を思い出すのか。ん、楽しみ。
もう2人ともチビではないけどね。
  • okuyama
  • 2010.08.09 Monday 10:47
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
奥山 天堂 okuyama tendo
「八」が市章の名古屋出身。8・8生まれ。出席番号も背番号も、眉毛のカタチもすべてハチ。
Selected Entries
Archives
Recent Comment
Links
Search this site.
Others