<< お茶にまつわる旅 in 台湾(茶農家さんへ) | main | 日本代表よ、世界は驚いているはずだ! >>
2010.06.14 Monday

お茶にまつわる旅 in 台湾(水井茶堂)

歴史ある街並、その細く伸びた路地にたたずむ筑80年ほどの住居を改装した茶堂、「水井茶堂」。先代住人への感謝と敬意が随所に感じられる設えは、今では多くの人を受け入れ、のどの渇きと心を潤すかけがえのないものになっているのだと思う。いや、亭主とお会いし、そう確信できた。

物静かな口調で声をかけてきてくれた。時折見せる奥深い笑顔もたまらなくいい。
そのまま、茶道具に手を伸ばし、茶杯を選び、お茶をもてなしてくれた。なんともその様はとても美しく丁寧で、まるで舞を観ているようだった。

ここの亭主である古武南さんは、いくつかの茶会を主宰し、広くお茶の文化や伝統を伝え、そればかりか現代の切り口において多くの新しいおこないを実行されている。それは、お茶を通じた文化創造と言えよう。それは、併設している「街角生活茶博館」からも感じ取ることができる。

最後に、嬉しかったエピソードをひとつ。
N.Yに住んでいるYちゃんが、今年の1月に旅行で訪れた台湾から送ってくれたポストカード。かわいい子供達がお茶を入れている写真が気に入り、今も台所に貼ってある。中心にいる子供が、古武南さんのお子さんだったことに現地で気づいた。半年後に結びついた出来事が幸福感を与えてくれた。今度は、Yちゃんも、ぜひ水井茶堂へ。

  

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
奥山 天堂 okuyama tendo
「八」が市章の名古屋出身。8・8生まれ。出席番号も背番号も、眉毛のカタチもすべてハチ。
Selected Entries
Archives
Recent Comment
Links
Search this site.
Others